2018年4月13日金曜日

仲直りの一冊に

 新年度が始まりました。かわいい2才児クラスの子に毎日癒されています。しかし、可愛い子もトイレに行く時などに「イヤイヤ」が始まって怒ったりもしてしまいます。トイレだけではありませんが、2才の子供たちは、何でも自分でやりたがり「自分で。自分で。」とよく言います。ママが手を出すと、怒ってかえってかんしゃくを起こしてしまうこともありますよね。こんな時期に『はけたよはけたよ』(偕成社)の本を読んであげてみて下さい。主人公のたつくんはパンツだけ上手くはく事ができません。たつくんがパンツをはく時にお母さんはさりげなく見守っていきます。子供達が育っていくには時には待つ事が必要なんだと言う事を教えてくれる本です。
 やりたがりの2才さん。でも、上手にできずにイライラする2才さん。言葉や行動でイヤイヤ期を訴えてきます。忙しい朝によく私も子供に「イヤイヤ」されました。手を出しすぎず、口を出しすぎず、見守って待つのもなかなか難しいですよね。子供と喧嘩しちゃった後、時間をおいてからの仲直りの一冊として読んであげるのも良いと思います。

2018年3月26日月曜日

朝ごはん

日に日に暖かくなってきました!
桜のみごろももうすぐですが、季節の変わり目は、子どもも大人も体調を崩しやすくなりがちです。

さて、みなさんのご家庭では毎朝、朝ごはんをたべていますか?

朝ごはんを食べることで身体や脳にエネルギーが補給され、体温が上昇します。
そうすると脳の働きを活発にし、体を目覚めさせ、スムーズに活動ができるようになり
ます。

また、胃や腸に食べ物が入ることで腸の働きが高まり、排便しやすくなります。

それでは朝ごはんを食べないとどうなるでしょうか。

朝ごはんを食べないとエネルギーが足りなくなり、体温も上昇しにくくなります。
朝から活発に活動するためには、朝ごはんが重要なのです。

朝ごはんをしっかり食べて元気に新年度を迎えましょう!

2018年3月19日月曜日

ピカピカの一年生

4月から「ピカピカの一年生になる。!」と張り切っているお子さんをお持ちのお家の方。
 この時期、新生活への期待を膨らませる我が子に、成長や頼もしさを感じているお父さんお母さんも多いのではないでしょうか。反対に《小学校》という新たな環境を不安に思うこともあろうかと思います。そこで、小学校へ入り安心して生活できるように「こんな事をやっておくと…。」ということをお話しします。
1、早寝早起き…基本的な事ですが一番大切です。
2、通学路の確認…小学校の行き帰りは、自分の足で歩かなければなりません。重い荷物を 持ったり、雨の日は傘をさしたり…という事も出てきます。暖かい日には お散歩がてら 一緒に歩いてみるのもいいですし、慣れてきたら、実際にランドセルを背負って歩いて みるといいと思います。
3、自分の事を自分でする習慣…食後の食器を自分でキッチンに運ぶ等、出来る事からやっ てみると自然に身についてくるかもしれません。「手伝ってくれてありがとう。」なん て言うと張り切っちゃうかも…。
4、時間を意識して過ごす…つい「早くしなさい。」と言いたくなってしまうのが、朝の忙 しい時間。「行ってきます。」の前にお互いイライラ…なんて事になりかねません。そ うならない為にも、時計を意識できるように働きかけたいです。アナログ時計を使うと
 時間の意識が持ちやすいです。
5、困った事を伝える…つい先回りして、口を出し、手を出したくなりますが待つ事が大
 切です。じっと我慢で待ってあげてね。
 いきなり生活を変える事は子どもの負担になります。少しずつ意識しながら過ごしてみましょう。残りわずかな幼稚園・保育園生活を楽しく充実した時間として過ごせるといいですね。



2018年3月18日日曜日

食卓の日

今日は第3日曜日、「食卓の日」です。
「食卓の日」は富士宮市が独自に定めた日で、家族や友人、仲間と楽しく食卓を囲んで、コミュニケーションを図る“共食”を推進しています。
 家族や友人などと一緒に食べると、一人で食べるより一段とおいしく感じられます。食事を通じてコミュニケーションをとることで、家族や友人との絆もより深まります。
 そろそろお花見の時期ですね。お子さんと一緒にお弁当を作ってピクニックに出かけませんか。公園などで体をいっぱい動かした後のお弁当は会話も弾み、楽しいひとときになるでしょう。


2018年3月12日月曜日

富士山ケーキ

 2月23日は富士山の日でいろいろなイベントがありました。保育園のおやつのメニューに富士山ケーキがあります。簡単に作れますのでレピシをご紹介したいと思います。

<アルミカップ7号15個分>

  材料
   ○全卵ー2個  ○薄力粉100g  ○溶かしバター120g
   ○ベーキングパウダー3g ○グラニュー糖100g  ○粉糖(適量)

  1.  鍋にバターを入れて、火にかけて溶かし粗熱をとる
  2.  薄力粉とベーキングパウダーをふるいにかける
  3.  ボールに全卵・グラニュー糖を入れ、泡立て器でかき混ぜる
  4.  3に2を加えて混ぜる
  5.  4に1を加え混ぜ合わせ、生地を冷蔵庫で2時間以上休ませる
  6.  アルミカップに5を7分目まで入れ、200℃のオーブンで15分焼く

   中央が膨らんできつね色になったら、粉糖をかければ富士山ケーキの出来上がりです。春も近いので桜の花の塩漬けを刻んで入れたり、紅茶、レモン、はちみつ、チョコレートを入れても楽しめます。作り方はとても簡単なので、ご家庭でも子どもさんと作ってみてくださいね。